炭水化物ダイエットって実際に効果はあるの?その疑問に答えます!

効果的なダイエット方法を探すというのは人類にとって長年の関心事となってきました。きっと皆さんも過去に色んなダイエットを試されたことがあるのではないでしょうか。

中でも「炭水化物ダイエット」というのはここ最近非常に注目を集めているものです。テレビやラジオでも有名人や芸能人が試してその効果をアピールしていますね。

今回は少しこの炭水化物ダイエットの概要を考えてみることにしましょう。

炭水化物ダイエットのメカニズムと効果

この炭水化物ダイエットというのはその名の通り、「炭水化物」の摂取量や摂取比率を制限することで肥満に対処しようとするものです。これは糖尿病の治療方法としても注目を集めています

普通私たちが一日に摂取する炭水化物というのは200グラムとか300グラムだと言われています。しかしこのダイエットでは平均的にその量を最大でも50グラム程度に抑えるのです。ではどうしてこれがダイエットとして効果を持っているのかもう少し具体的に考えてみましょう。

皆さんがご存知か分かりませんが、炭水化物というのはタンパク質とか脂質なんかよりはるかに体に吸収されやすいエネルギーなんです。一般的に炭水化物が体に入ると「血糖値」が上がります。体の自然な造りとしてこの血糖値を下げるために「インシュリン」というホルモンが分泌されることになります。

このインシュリンというのは興味深いことに血液の中に「糖分」を細胞の中に「脂肪」として吸収して血糖値を下げるという特徴があるのです。ですから結果的に炭水化物の過剰な摂取は肥満へとつながるという訳です。反対にこの炭水化物の摂取を控えるとどうなるのでしょうか。

体の「すい臓」という部分から「グルカゴン」というホルモンが出されることになります。

グルカゴンというのはインシュリンとは反対に脂肪を「分解」する役割があります。つまり炭水化物を抑えることでいつでも脂肪が燃焼されやすい体を手に入れることができるというのです。

ぜひ皆さんもまずはこのような炭水化物ダイエットの簡単なメカニズムについてしっかり理解するようにしてください。

炭水化物ダイエットに青汁を活用?

炭水化物ダイエットとは炭水化物を減らすことでダイエットを実現させるというものです。

しかしながら、炭水化物を一切摂らないということではありません。炭水化物を控えていた体に急に炭水化物を入れてしまうと、吸収をしようとして血糖値が一気に上がってしまうためにリバウンドをしてしまう人がいます。

これを防ぐために、食事前に青汁を飲むというものです。そうすることで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。このような工夫もダイエット成功のためには必要になります。

失敗する確率の少ない炭水化物ダイエット

炭水化物を抑えるということは逆に言えばそのほかのものはしっかり食べることができるということです。ですから「空腹」などと闘う必要はなく、それゆえに失敗する可能性が究めて低いダイエット方法であるということができます。

もちろんこのようなダイエット方法にも弱点とかデメリットというものがありますので、しっかり調査したうえで実行してみましょう

このページの先頭へ